『鬼の子』地名・国政

○身分

二王:王家の世氏から即位する天子と皇后

三公:八家の中から有力者が任命される官位

八家:身分の順に、

     世(せい)、允(いん)、介(かい)、匚(ほう)、

     典(てん)、常(じょう)、郎(ろう)、匍(ほ)

三十五豪

 

○軍制

紅軍:地方軍

青軍:中央を守備警護する

黄軍:官庁や王宮などの公の建物を守護する

禁軍:黄軍の中でも特に宮中を守護する

 

○環均郭庁の政治役職名

通判:環均郭の知事

判官:知事補佐

 

○地名

天子が治める地を「幾」、皇后が治める地を「邑」、三公・八家・三十五豪が治める地をそれぞれ「華」「郭」「閣」と呼ぶ。

(診断メーカーで『そうだ!鉤国に住もう』という診断を作りました。よかったら遊んでみてね!)

鉤国は以下に記す一畿一邑三華八郭という十三の所領と五つの周辺地域から興った国である。はじめ首都は夏湧邑に置かれたが、防衛上の理由から晋韋畿に移された。

 

<一畿一邑>

晋韋畿(しんいき) 鉤国天子の直轄地。王宮の所在地。

夏湧邑(かようゆう) 鉤国皇后の直轄地。かつての国府。

 

<三華>

春嵋華(しゅんびか) 三公の所領地。首都の西方を守護。

秋楼華(しゅうおうか) 三公の所領地。豊かな水源を持つ。

冬壟華(とうりゅうか) 三公の所領地。首都の南方を守護。

 

<八郭> 

聿葎郭(いつりつかく) 世氏の所轄地。

稲葎郭(とうりつかく) 允氏の所轄地。

峻均郭(しゅんきんかく) 介氏の所轄地。

環均郭(かんきんかく) 匚氏の所轄地。

蚕郷郭(さんごうかく) 典氏の所轄地。

乾郷郭(けんごうかく) 常氏の所轄地。

苜潘郭(もくはんかく) 郎氏の所轄地。

蘖潘郭(げっぱんかく) 匍氏の所轄地。

 

<三十五閣>

=開国以来続く悠久の都=

芭柮閣(ばとつかく)

鐡柮閣(てっとくかく)

茗柮閣(みょうとつかく)

沺柮閣(でんとつかく)

澪柮閣(れいとつかく)

笏柮閣(こつとつかく)

 

=有史以来鉤国を助けてきた港湾地域=

瓦梁閣(がりょうかく)

靄梁閣(あいりょうかく)

挧梁閣(うりょうかく)

燈梁閣(とんりょうかく)

緜梁閣(めんりょうかく)

 

=数多くの関所が築かれた国防の要=

鯣晨閣(えきしんかく)

彌晨閣(びしんかく)

 

=国土拡大を支えた交通の要所=

嗣洌閣(しれつかく)

楠洌閣(なんれつかく)

蔭洌閣(おんれつかく)

冶洌閣(やれつかく)

璧洌閣(へきれつかく)

閣(へんれつかく)

 

=東方・北方の敵国との戦の最前線= 

水穣閣(すいじょうかく)

鏃穣閣(そくじょうかく)

燵穣閣(たつじょうかく)

丁穣閣(ていじょうかく)

濘穣閣(ねいじょうかく)

 

=豊かな水上都市が多く集まる鉤国の台所=

岷瓊閣(みんにかく)

諢瓊閣(ごんにかく)

穐瓊閣(しゅうにかく)

發瓊閣(ほつにかく)

袙瓊閣(ばつにかく)

瑙瓊閣(のうにかく)

 

=広大な平野に田畑が広がる鉤国の穀倉=

溂弯閣(らつわんかく)

永弯閣(えいわんかく)

袂弯閣(べいわんかく)

萠弯閣(もうわんかく)

猝弯閣(そつわんかく)