『神世七代』

最終更新:2017/09/07

 

神の世を描いた短編オムニバス。あらすじすらまとまってないのあるよごめんね!

 

>『傾城の十八夜

古代王朝を舞台に美しい男たちが骨肉の争いを繰り広げるちょっとドロドロした政治・戦争活劇。

 

>『竜の坐す蒼と朱』(りゅうのましますあおとあか)

人が人ならざる者たちと生きていた頃、竜を祀り竜の子を神代にしていた国があった。そこで熾った国盗り物語。

 

>『ヰルヤツヌ騎士国

時はヒト・ドワーフ・エルフの三大人種が入り乱れて生きる平和な時代であった。その平和の立役者こそ、ヰルヤツヌ騎士団である。三種族の間を取り持つ騎士たちとは。

 

>『ドン・ファンとAI

地球が滅び行く中、人々はシェルターに依って生きていた。そこには神と呼ばれる存在があったがその正体は人工知能を搭載したロボットだった。